学校法人愛西学園 愛知黎明高等学校

文字サイズ
部活動紹介

ホーム > 部活動紹介 > 活動報告および今後の予定

活動報告および今後の予定

剣道部

県高校総体尾張支部予選会結果

5月7日扶桑町総合体育館で行われた愛知県高等学校総合体育大会尾張支部予選会の結果は以下のとおりでした。

 男子団体 三位

 女子団体 優勝

 女子個人 2年 井本希良莉 優勝  3年 竹城茜音 五位 

 

 男子団体 1回戦 不戦勝

      2回戦 対 清林館高校 二勝一敗

      3回戦 対 新川高校  三勝0敗

      準決勝 対 一宮高校  二勝三敗

 女子団体 1回戦 不戦勝

      2回戦  対 新川高校  五勝0敗

      3回戦  対 小牧南高校 五勝0敗

      準決勝 対 一宮高校  四勝0敗

      決勝  対 一宮南高校 一勝一敗 本数勝ち

女子個人 井本選手 2,3回戦 二本勝ち 4回戦 一本勝ち 準決勝 二本勝ち

          決勝 一本勝ち

     竹城選手 1回戦 二本勝ち 2,3回戦 一本勝ち 4回戦 一本先取し負け

20170510_2.jpg 20170510_3.jpg

 三年生はこの試合に懸けていた。特に男子。団体で県大会には出場できるが、納得のいく試合内容ではなかった。結果は試合前から予想はできた。勝負するには心が弱すぎた。時間は戻せない!一瞬の隙で決まることもある。県大会では一瞬の隙をものにして欲しい!

 女子は5月5日の第5回富士杯争奪剣道大会において三位に入賞でき「やれる?」と選手が思い盛り上がっていた。この大会には以前から参加しているが入賞したのは初めて・・・過去の先輩達と比較して、はるかにレベルアップしたわけでもない。この流れをそのまま繋げた結果が今大会優勝。決勝戦は大将 井本選手が二本勝ちをして勝てる。と言う状況で見事に二本勝ち。今までの井本選手なら焦ってしまう状況だが冷静。富士遠征で言い続けたことが実った。その陰には三年の岩井選手・竹城選手の力が大きかった。女子全員で戦った結果だった。その後の個人戦で井本選手 優勝。竹城選手 五位。県大会に期待したい。

20170510_1.jpg

 

 

 

 

 

クラブ
剣道部
掲載日
2017年05月10日

陸上部

高校総体陸上競技尾張支部予選会 結果

5月3~5日にいちい信金スポーツセンターで行われた高校総体陸上競技尾張支部予選会に参加した陸上部員の試合結果は以下の通りです。
(掲載は入賞=県大会出場者のみ)

女子砲丸投   1位 平野優花(3年)
女子円盤投   1位 平野優花

5月18~20日の県大会に出場します。応援よろしくお願いいたします。

クラブ
陸上部
掲載日
2017年05月08日

駅伝競走部

高校総体陸上競技尾張支部予選会 結果

5月3~5日にいちい信金スポーツセンターで行われた高校総体陸上競技尾張支部予選会に参加した駅伝競走部員の試合結果は以下の通りです。
(掲載は入賞=県大会出場者のみ)

男子800m  *伊藤理久也(3年) *シード
男子1500m 1位 伊藤理久也     6位 永柳慶大(3年)
男子5000m 1位 松元響(2年)   2位 椎野修羅(3年)
男子3000mSC 3位 髙木大誠(2年) 5位 前田龍希(3年)
男子トラックの部  3位 24点  男子総合の部 6位 24点

女子800m  1位 服部若菜(1年) 6位 山下真里奈(2年)
女子1500m 1位 八木明梨(3年) 2位 石田龍花(2年)
        4位 服部若菜
女子3000m 1位 八木明梨     2位 石田龍花
        5位 山下真里奈

女子トラックの部 2位 34点  女子総合の部 1位 46点

女子が初の総合優勝を果たしました!19種目のうち5種目・6名での出場でしたが、その5種目すべてを優勝し、入賞も10を数えました。1名だけ入賞を逃しましたが、全員がよく頑張ってくれました。

上記に掲載した計10名が5月18~20日の県大会に出場します。よろしくお願いいたします。

剣道部

愛知県護国神社奉納金鯱旗争奪高等学校剣道大会結果

4月29日に愛知県体育館で行われた第56回愛知県護国神社奉納金鯱旗争奪高等学校剣道大会の試合結果は男子3回戦敗退。女子4回戦敗退でした。

 抜き勝負

男子 1回戦 対 岡崎高校 大将残り勝ち

   2回戦 対 津島高校 大将残り勝ち

   3回戦 対 明和高校 大将残し負け

女子 1回戦 対 椙山女学園高校  3人残り勝ち

   2回戦 対 春日井高校    先鋒(青山選手 葉栗中出身)5人抜き

   3回戦 対 桜丘高校     大将残り勝ち

   4回戦 対 岡崎商業高校   大将戦負け

 

 男女で9名の新入部員を迎え、新たな気持ちで大会に臨んだ。

 男子は1年 石田楓馬選手(今伊勢中出身)を次鋒に抜擢したことでチームに勢いが増した。

 それに一人一人、チームが勝つために自分の役割を果たし繋げていた。

 女子は1,2回戦は看護科2年 青山選手(葉栗中出身)の活躍が大きかった。特に2回戦は5人抜き。3回戦は全国選抜大会に出場した桜丘高校。おそらく4分間、対勝負の試合だと難しかったと思うが、運よく勝てた。選手たちは試合前に「みんなで繋げて、繋げて戦おう。」と円陣を組み、鼓舞していた。日頃から「強いものが必ず勝つとは限らない。弱いものが必ず負けるとは限らない。」と言い続けたことがここで証明された。一つの事に向かう選手たちの力に感謝。次の大会ではその力が最後まで続く事を期待し、一緒に喜びたい。

クラブ
剣道部
掲載日
2017年05月02日

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページの先頭へもどる